認証メニュー

ISO50001(エネルギー)とは

エネルギー活動の国際マネジメントシステム規格

ISO50001(エネルギーマネジメントシステム )は、その認証取得企業のエネルギー効率やエネルギー使用法、エネルギー消費量、原単位などのエネルギーパフォーマンスを継続的に改善するために必要なシステムやプロセスを確立、実施するための規格で、企業にコスト低減をもたらすだけでなく、地球温暖化 対策に貢献します。
いま地球の温暖化は確実に進行しています。その対応の為、 国際的、また国家的な取組みが推進されていますが、各企業にもその貢献が求められています。既に広く認証取得が進んでいるISO14001(環境マネジメントシステム )には、当然、エネルギーの使用という側面が含まれますが、ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム )は、まさにこのエネルギー使用の部分が深堀りされたものです。 これは、エネルギーが極めて重要であり、厳密な管理が必要になることが背景にあると言えます。
エネルギーは人々の生活を支え、生産の基になる極めて重要なものですが、その消費拡大により、今や地球温暖化問題、化石燃料の枯渇、エネルギーセキュリティーなど大きな社会的課題が顕在化しています。
これらに対し、企業としても喫緊の課題として積極的な取組みが期待されています。 ISO50001では、エネルギーパフォーマンスの継続的な改善を達成するために、まずエネルギーレビューで、過去・現在・将来のエネルギー使用を分析します。
次に著しいエネルギー使用とパフォーマンス改善の機会を特定します。そして、エネルギーベースラインを決め、パフォーマンス指標、目的・目標を定めて行動計画を立案し、改善を推進します。また、国際規格であり、グローバルに足並みを揃えて、エネルギーパフォーマンス向上を推進できますし、その諸活動で世界をリードすることも可能です。
このマネジメントシステム規格を導入することで、エネルギーの管理がより確実に行われ、消費量低減に向けての活動がシステマチックに展開されることになります。
国際的に大変注目されている規格であることから、グローバルに事業を展開されている企業においては、国際社会とのコミュニケーションツールとしても必要性が高いと思われます。

ISO50001 エネルギーマネジメントシステムイメージ図

ISO50001 エネルギーマネジメントシステムイメージ図

省エネ法とISO50001の違い

  省エネ法 ISO50001
エネルギーの定義 燃料、熱、電気 電気、燃料、蒸気、圧縮空気、再生可能エネルギー及び同様の媒体
組織の範囲 企業を対象とし、併せて工場・事業場における管 理についても規定(2008年改正)。 エネルギー使用・消費を管理する機能・権限を有する組織(企業・工場・事業場のいずれも対象となる。
エネルギー管理体制 年間1500kl以上エネルギーを使用する事業者は、経営層のエネルギー管理統括者及びエネルギー管理企画推進者を置く。 経営層が管理責任者を任命する。
エネルギー
ベースラインの設定
中長期的に年平均1%以上の原単位改善を目標(エネルギー使用量を前年度の使用量と対比して示す)。 エネルギーベースラインは初期のエネルギーレビューの情報を用いて確立する(定期的にレビューし、ベースラインと比較)。

このページの上へ戻る