認証メニュー

ISO9001(品質)とは

品質活動の国際規格「ISO9001」

ISO9001品質マネジメントシステムは、その認証取得企業の製品・サービスに対して、お客様そして社会からの安心・満足・信頼を高め優位性を確保するとともに経営改善に寄与します。
現在、自動車産業全体でグローバル化が急速に進展し、一つの部品が多くの国で使われ、新技術が各国から盛んに導入されております。これらの状況は今後も拡大基調で続くと予想され、世界に通じる品質の確保が重要です。品質の改善は、サプライチェーンとして特に中・小の部品メーカーの品質確保が重要になります。 このような状況の中で、国際規格であるISO9001を導入することは「品質」をアピールする強力なツールとなります。(公財)日本適合性認定協会(JAB)の調査によると、各企業におけるISO9001導入の目的は「自社品質管理システムの基盤構築」、「社員の品質意識向上」、「業界の動向を考慮」、「製品またはサービスの質等パフォーマンスの向上」など様々です。ISO9001の規格は、これらの目的を充分に達成できる柔軟性があります。

ISO9001の規格要求事項を簡単に述べますと、下記のことを一連のシステム(仕組み)として構築する必要があります。
○企業・組織内の体制を整備し、プロセス(業務)を明らかにする。
○仕事の手順・ルール・基準を決める。
○品質方針を定める。
○品質目標を定める。
○品質向上の計画を策定する。
○責任、権限を定める。
○必要な資源を提供する。
○決められた通りに確実に業務を実行する。
○決められた通りに業務が確実になされたかの記録を残す。
○企業・組織の内部の監査及びマネジメントレビューを実施してシステムが有効に実施されているか確認し、システムの継続的改善を図る。


結果、ISO9001を導入することによって、トップ以下の全員参加の活動により、従来、一部の部署・人に偏っていた知識・技能、権限 (すなわち属人的な暗黙知・ルール)が合理的に分担、伝播されます。 ISO9001は、お客様・社会の要求事項、法規制の要求事項を満 たした製品・サービスを提供することにとどまらず、自主的・積極的かつ継続的に、製品・サービスの品質保証・顧客満足向上をめざ すマネジメントシステムを定めた国際規格です。そして市場の要求事項の変化に対処し、企業の健全な運営、発展を実現する経営 ツールとなるものです。 当財団は、自動車関連の関係業界にISO9001を普及させるために、品質マネジメントシステムの認証事業を1999年に開始致しました。現在では、自動車部品メーカーから自動車生産設備製造業、自動車部品リビルト業等、自動車産業全般および関連する企業の 皆様などの幅広い分野で活動し、高い支持を頂いております。

ISO9001 品質マネジメントシステムイメージ図

ISO9001 マネジメントシステムイメージ図

このページの上へ戻る